トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    車買取コラム

    もちろん大部分は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、査定後にその車を持っていっても良ければ査定額を上げましょうなどと言って、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    通常行われる手続きをせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    高い値段で中古車売買するコツは、たった一軒だけの査定で終わらせないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、この時に異様に査定額が高いところは詐欺まがいのことをされるかもしれませんので十分注意する必要があります。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は本当に売却する車を査定してみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、車検証の「初度登録年月」ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、買取り業者が提示した査定金額には当然ながら有効期限があるものです。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちを確かめておいたほうが良いでしょう。

    最長で2週間ばかりの有効期限でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして中古車の相場の変動が大きい時期になると、かなり短期間で設定されていることもあります。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、店舗まで車を持っていく以外に、自宅まで来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    ほとんどの買取業者は出張査定は無料としています。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検切れまで残り半年くらいになると既にプラス査定は期待できなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに売却前に車検を通すことはあまり意味がありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    近頃販売されている車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが多数派となってきました。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけでは査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには見積額が高くなるかも知れません。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。