トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    車買取コラム

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、実際に売買する直前に車検を通してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格にプラスされることはありませんから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    今自分が乗っている車を売ってしまおうと思い付いたときに最良の方法として、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が効果的な選択です。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくても最も高い金額を提示してくれる店舗を取捨選択可能なのです。

    また、それにも増して自分の車種の資産価値が概ね今のところどの程度なのかを一瞬にして知ることが可能です。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、それ程気に病む必要はないといえます。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズやしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、それを回避するために個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは買取のための査定を行う時点で隅々まで確認されるのが普通です。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などはあまり査定には影響しないようです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、状態やニーズ次第です。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば査定はプラスになるでしょう。

    ただ、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、マイナス評価が入ることもあります。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    査定の時に天気が悪かったりすると、総じて車のアラが目立たないので高めの査定がつきやすいという噂があります。

    しかしながら、業者自身も見づらいのは分かっていますから、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    また、よく手入れされた車両というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしてもどちらが良いということは言えませんので査定日の天気で一喜一憂するのは現在では意味のないことのようです。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても費用ほどには査定アップしませんから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、買取査定に出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、見積額が低下する要因になってしまうからです。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    更に、定番カラーでもあるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには流行が廃れているかも知れないからです。