トップページ > 東京都

    このページでは東京都でベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高い金額で買取をしてくれる東京都の買取業者に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    高級車のベンツを高く売るために大切なことは「東京都にあるいくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1社のみとかなじみのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。東京都にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へベンツの買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、東京都対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っているベンツの買取査定相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のベンツを東京都で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのベンツの買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、東京都に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツでも高く売ることができます。

    約10社の業者がベンツの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのベンツを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたが愛用したベンツを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、東京都に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたベンツを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。東京都に対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、ドイツ車のベンツであれば大手買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    なので、ドイツ車のベンツなら先にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    故障や事故で修理をした車の履歴は、嘘をついて査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    軽い損傷程度で済んでいて、完璧に修理されているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    もし多くの買取業者で同じように「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    中古車の買取に関する場合のみならず、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    ひとつやふたつの悪いコメントを発見したとしても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。

    みんなの意見は参考にするだけで、頑張って無料査定をしてみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことがより良い選択ができる要となるのです。

    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することで受け取ることができますが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、査定だけでプレゼントが貰える場合があればぜひ査定してみるとお得ですね。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから値段がつかないこともあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所と協議したほうがいいでしょう。

    ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、一度使えばその便利さを実感しますが、ひとつだけ面倒な点というと、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    連絡先として勤務先の電話番号や、仕事にも使っている携帯電話番号を登録してしまうと、最初の数日は業務にも障りが出かねないので、気をつけましょう。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、よそで売却を決めてしまったと言って断るのが諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を知ることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、連絡先の選択は注意するポイントです。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、自動車の売買は個人同士でした方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

    一方で、売却する前に車検を通すことは無意味です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買い取りに出す場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると却って不調になることが多いのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。