トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高い金額で買取をしてくれる静岡県の買取業者に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    高級車のベンツを高く売るために大切なことは「静岡県にあるいくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1社のみとかなじみのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へベンツの買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、静岡県対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っているベンツの買取査定相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のベンツを静岡県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのベンツの買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、静岡県に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツでも高く売ることができます。

    約10社の業者がベンツの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのベンツを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたが愛用したベンツを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、静岡県に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたベンツを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。静岡県に対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、ドイツ車のベンツであれば大手買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    なので、ドイツ車のベンツなら先にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、査定にかかる時間は待ち時間を除外すると10分少々です。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、走行距離などに応じた減額、加算をしたら簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    個人がネットに良くある中古車一括査定サイトを使用する時に気を付けなければならない事のひとつに、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    幾つもの業者の査定額を比較したとき、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店が存在するときには何かおかしいと感じる癖を付けた方が良いかもしれません。

    その店での買取が決まったとき、契約を結んでしまった後で難癖を付けて買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    これから売却しようと考えている車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の査定をしたからといって、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    店側は今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売る時期を特に決めていないのであれば、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは全般に下がり気味になります。

    外車というのは国産車と比較すると、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    外車は日本での普及台数が国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、取引の実績値に乏しく、買取業者としても値付けが難しいからです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、できるだけたくさんの中古車屋に査定してもらった上で、高額査定を出してくれたところに売却することです。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、たった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、中古車買取業者に買い取ってもらう際は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は実車査定の段階以前にあらかじめ必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    うっかりしていると業者次第で代車がないこともありますから、気をつけてください。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかという見方で考えてみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を買うときにも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。