トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高い金額で買取をしてくれる静岡県の買取業者に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    高級車のベンツを高く売るために大切なことは「静岡県にあるいくつかの車買取専門店で査定の依頼をする」です。1社のみとかなじみのメルセデスベンツ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へベンツの買取査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、静岡県対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っているベンツの買取査定相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のベンツを静岡県で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の買取会社がオークション形式で買取価格を提示してくれる今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのベンツの買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、静岡県に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツでも高く売ることができます。

    約10社の業者がベンツの査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのベンツを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたが愛用したベンツを査定します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、静岡県に対応している複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたベンツを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車に特化した外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。静岡県に対応していて出張査定も無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、ドイツ車のベンツであれば大手買取店より高く買い取ってくれる可能性大です。
    なので、ドイツ車のベンツなら先にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりけりなので、人気のある特定のボディーカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、減点されにくいと言われています。

    ただ、業者自身も見づらいのは分かっていますから、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は明るい方が一層きれいに見えるものです。

    以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々同じくらいのメリット、デメリットを有するので、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

    誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、特に減額対象としない場合が多いです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はないと言えます。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、業者が決まって売却するにあたっては、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    中古車屋に売ると決めたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば車を売ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    そんな維持費の内容を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    これらの合計を出すと、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    まずは一括査定サイトなどを使って机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして業者が来て実車査定を行い、車の状態に応じた査定額が決まります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、先方による書類上の手続き等を経て業者から売却代の振込があるのが普通です。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、とにかく楽に売却と購入ができます。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば中古車買取会社に査定をお願いする方が良いですね。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、査定額を上げることも可能になります。