トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    車買取コラム

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    プロの営業マンのセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、相場よりも安価に契約しようとされたときに交渉するつもりでいるとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    程度問題というところもありますが、車内がたばこ臭い場合は査定時に減額されるでしょう。

    車内に喫煙の後が残っている車は、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には売ることが非常に困難だからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    売っても良いかと考え中の中古車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を業者側から提示されたときには、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはUSEDで探している人も多いですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそれなりの価格になります。

    特に人気の高いブランド商品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために必ずしておくことといえば、簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして値段、手数料といった金額に関連した文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、高値で車を売却する秘訣といえます。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    そこさえ押さえておけば、査定は何社から受けようと意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから買取業者による現物査定が行われ、車の状態に応じた査定額が決まります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから先方による書類上の手続き等を経て代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    気になる条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    更に、保険金の還付があったとしても手続きなしに入金されるという事はないのです。

    保険会社に対し自らが手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を告げられることがあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。