トップページ

    このサイトではベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツの買取相場を調査して高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているおすすめの車買取業者で検索してみてください。

    高級車のベンツを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社の車買取店だけとか近隣のメルセデスベンツディーラーで下取りを依頼しようと考えているならどう考えても損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して使えます。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大で50社にベンツの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからベンツの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているベンツの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買い取り金額を入札するので、高級車のベンツを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    ベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと自分が乗っているベンツの買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年落ちのベンツであっても高く売ることができます。

    最大10業者がベンツを査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたが愛用したドイツ車のベンツを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間乗ったベンツを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の外車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、1年間の取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のベンツであれば他の買取店より高く売ることができる可能性大です。
    ですので、ドイツ車のベンツならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門業者に査定額を出してもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツを売りましょう。






    車買取コラム

    原則的に、車査定において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型と大型車に分別されています。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、車の査定の腕前が一定以上であることを証明してくれるはずです。

    買取に出そうと考えている所有車にこれでは売却したくないと考える査定金額を算出して示されたときには、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車見積もりを依頼したとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    良くインターネット上で見かける中古車一括査定サイトを利用すれば、買取希望の車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、バスでの移動時間などちょっとしたスキマ時間を有効に使えます。

    しかし、注意しなければいけない点は、査定申し込みをした多くの店舗から一気に電話攻勢が始まりますから、嫌な場合には連絡手段にメールを選べるところを活用すれば良いのです。

    ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、買取額の見積時にかならずチェックされるはずです。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、チェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は「十中八九ない」と断言できます。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに市場の相場を把握しています。

    実際の価格と違うように感じたら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、短時間で手続きが済みます。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、気をつけてください。

    全社を指定してしまうと電話だけで大変です。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車を買い取りに出す場合にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明はいりません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    全部が全部という訳ではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、わからないときには確定申告をするときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。